読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤッマーのブログ

好きな音楽への愛を垂れ流しです

Earphone feat.Jinmenusagi / 電波少女

初垂れ流しは私が大好きイチオシの
電波少女(でんぱがーる)の
Earphone feat.Jinmenusagi
です!

電波少女との出会いは「廃盤」という
今は文字通りの廃盤となってしまった
フリーダウンロードのミニアルバム?EP?なんですが、
いやあ、衝撃でしたね。
こんなかっこいい人たちがいるのかと。


それはさておき、今回紹介する
Earphone feat.Jinmenusagi
リリック↓


Dura digi digi ding 雑音は耳に
入れたくないから earphone
Dura digi digi ding 無愛想な日々に
My favorite song

まるで気分はRude boy 隣にはRude girl
“I like it” 鋭い目つきでRock star気取って
ほらいつものしがらみにFuck off
見慣れた風景も楽しくなる
いつの間にか 時間も忘れて
We gonna party like it's my birthday
だけど一人じゃ、それよりもBabe
出かけよう君とぶらり Ei yo
どこまでも伸びる五線譜 Durararara..
昨日よりも少し 優しくなれたら
きっとこの気持ちも明日になれば忘れちゃうのかな?
To da left? To da right?
また結局ブレる 白線の上
好きなように踊りたくて
流れるあのフレーズに身を委ねて

Any questions?
Any answers?
目に映る全てに“Let me down”
なんだっていいだろ
And now
どこでも会いにいけるよ

Any questions?
Any answers?
目に映る全てが“Makes it fun”
なんだっていいだろ
From now
忘れちゃおう

Oh baby Free us
ダメ元で
Free us
嫌な事も、別に
Free us
風を受けて
Free us
だから前に前に足を出そう

だから鍵を挿そう それで右に廻そう
友達も誘おうiPhoneにイヤフォン繋げたら再生
俺らは消えるわけない
楽しいことしかしたくないよ 最高
誰も 邪魔の出来ないようなとこに行って開放感を
味わってフリースタイル エミネムみたい
公園とあと水族館に行きたい
YeahめっちゃHoliday Durararara..
昨日よりも少し気分が高まったら
降りたこと無い駅 ふらついてみたり
軽めな足取り 右に 左
ってか今度の土日 空いてるほうどっちかでいいからさ
タイミングよかったらどこかに出かけないか?
でも行きたいとこが多すぎ選べないや

Any questions?
Any answers?
目に映る全てに“Let me down”
なんだっていいだろ
And now
どこでも会いにいけるよ

Any questions?
Any answers?
目に映る全てが“Makes it fun”
なんだっていいだろ
From now
忘れちゃおう

Oh baby Free us
ダメ元で
Free us
嫌な事も、別に
Free us
風を受けて
Free us
だから前に前に足を出そう

rony 俺達は勝手に 粗大ゴミみたいな不満を生み出すよ
わかってる風なフリして Bro. いつものやつかけてくれよ

そうもうじき終わりそうなその曲の後にも
フェイバリットソングが控えてるよ
だからそんな顔しないでこの街を
メロディで彩ることを楽しもう
まだ、目的地の前さ
あの歌がシャッフルでかかるまで歩こう
楽しくなるよ 何がどうなるの?
ハシシ まとめろ

I know I know I know maybe..
あの歌も言ってる
そんな日もあるさAll right
きっと明日はもっと行けるよ

Any questions?
Any answers?
目に映る全てに“Let me down”
なんだっていいだろ
And now
どこでも会いにいけるよ

Any questions?
Any answers?
目に映る全てが“Makes it fun”
なんだっていいだろ
From now
忘れちゃおう

Oh baby Free us
ダメ元で
Free us
嫌な事も、別に
Free us
風を受けて
Free us
だから前に前に足を出そう

Free us..

Free us
だから前に前に足を出そう




いやあーーリリースされてから何回聴いたかなってくらい聴いてます

とにかく二人の相性が良すぎますよね。
中、高音のハシシさんと
低音のJinmenusagiさん
リリックのちょいやさぐれ感とかが
二人の間で完全にマッチしてて

ハシシさんが完全にやさぐれてますよね!(笑)

なりたくてもなれない
やりたくてもやれない
どうしようもないから明日に期待しちゃう

それをJinmenusagiさんがちょっとやさぐれつつもフォローしてる感じ

そしたら今日くらい楽しもうぜ!
どこ行く?何する?
って言いつつも、
あー選びきれないからもういいや

みたいな!(笑)

ハシシまとめろ

で完全にそれまでの自分のフォローを丸投げ、かつちょっとは自分で考えろみたいな感じですかね?

それに対してハシシさんが

わかってるわかってる
そんな日もあるね

結局二人とも大やさぐれして終わる!(笑)

でも僕だけじゃないと思いますが、
電波少女の楽曲のそういうところに
惹かれまくるんですよね!
近い、親近感が湧くというか
「こんなにカッコイイ曲を作れる人たちでも案外自分たちとそんなに変わりないのかも?」みたいな感覚に陥るのが心地いいというか

ヒップホップ特有の掛け合いに加えて
独得の、かつ多くの人が共感できる日常のなんとも言えない感情をのせて
こういう作り方をするとめちゃくちゃにカッコよくなりますね!



初めての記事、文書で拙いとこもあると思いますが、
最後まで読んでくださったみなさんありがとうございます。




最後に、
電波少女メジャーおめでとうございます!